太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットとしては、一般の太陽光発電は電力会社と繋がっているので、
発電電力が消費電力を上回ると電力会社が買い取ってくることが一番大きなメリットです。

太陽電池だと太陽光エネルギーを変換するだけなので蓄電できないようです。
蓄電したい場合は蓄電池が別途必要となります。

太陽光発電を付けたい施設の電気量によって一般の太陽光発電をつけられない場合も
ありますので、取り付ける際に確認する事をオススメします。

太陽光発電のデメリット

デメリットとしては、日当たりの悪い家だとソーラーパネルを付けてもあまり意味がありません。
もし太陽光発電を取り付ける場合は日当たりなども確認してから取り付けることをオススメします。
また、屋根が狭い場合、パネルが十分に敷けないため効果を本領発揮できない場合もあるので、
しっかり相談してから設置を検討しましょう。

そもそも太陽光発電をあまり知らない!という方へ

テレビのコマーシャルでもよく見かける『太陽光発電』ですが、
実際には太陽光発電にされているご家庭はどれだけあるのでしょうか?

 

ソーラーパネルのコマーシャルも色々ありますが、
太陽光発電のシステムを知っている方はどれだけいらっしゃるのでしょうか?

太陽光発電の意味

まず太陽光発電の意味は、漢字そのままの意味です。
太陽の光を電力に変え自宅の電化製品に供給されるのです。

太陽光発電のシステム

まず、ソーラーパネル(太陽電池モジュールとも言うようです)が太陽の光のエネルギーを受け、
太陽電池(パワーコンディショナ)によって電力会社と同じ電力へ変換するようです。
そして、その変換した電気を家電製品に供給すると言う仕組みになっているようです。

 

※曇りや雨などで発電できなかった場合は従来通り、電力会社の電気を使用します。